育毛の基本事項

カートの中身 現在のカゴの中

育毛の基本事項

ここでは、髪を美しく豊かに保つための基本事項を説明します。
知らず知らずのうちに悪化させないように、よく読んで頂きたい。


1.シャンプーを頭皮用にし、正しく使う

シャンプーは大きく分けて、3通りあります。

1.髪の感触をよくするコンディショニングシャンプー。
2.頭皮の育毛環境を整える頭皮用シャンプー。

通常、市販されているものは1のタイプが多く、感触がいいので多くの人が使っています。
しかし、これらのシャンプーは頭皮が弱っている人、薄毛の改善を目標にしている人、薄毛の予防をしたい人には向きません。
その成分が頭皮に残留し髪の毛を作る細胞を攻撃してしまうからです。

そこで、その危険性を最低限に抑え、頭皮の育毛環境を整えるように処方されたのが頭皮用シャンプー。
この頭皮用シャンプーを正しく使うことで、予防、改善の第一歩となるのです。

また、頭皮用シャンプーの前後のすすぎはしっかり行いましょう。
髪の洗い方DVDでシャンプー方を勉強するのもよいでしょう。


2.リンス、トリートメント、スタイリング剤は中止

リンス、トリートメント、スタイリング剤をお使いの方は要注意!

これらの製品は、シャンプーよりもっと頭皮に残留し、細胞を攻撃します。

せっかく頭皮用シャンプーを使っているのによくならない方は、リンスやトリートメントで進行させている方が多いのです。

また、これらの製品は使えば使うほど、依存性が高くなり、長く使い続けると使わなければきしんだりバシバシした髪になってしまいます。

こういった髪になってしまった方には、界面活性剤やアルコールなどをカットした 純アミノ酸でできているマトリックスローションをおすすめします。


3.育毛剤は頭皮がよくなってから

よく、頭皮が荒れているのに育毛剤を使っている方がいらっしゃいます。

しかし頭皮が荒れたままだと育毛剤は効きません。
最悪の場合は悪化させる危険があります。

なので育毛のし始めは、まずは頭皮料、もしくは頭皮ローションから。

炎症がある方はレストルケアローションをおすすめします。

頭皮がよくなってくると育毛剤が使えます。
しかし、育毛剤の段階に入る前によくなる方もたくさんいらっしゃいます(特に女性の方)。
育毛剤を使わなくてもいい人もいますので、無駄な出費はされないように。


4.サプリメントを飲んだからと言ってよくなるわけではない

これを飲めば毛が生えてくるサプリメントなどありません。
そして、これを食べれば髪が生えてくる食べ物もありません。
ただ、食べ物の分は気を付けるにこしたことはありません。

サプリメントの取りすぎは逆に栄養バランスが偏り、成分のとりすぎで何らかの障害が起こる可能性もあります。

当店でもサプリメントを取り扱っておりますが、これらをお勧めするのは、外からの手当で効果が思わしくない場合です。
例えば、冷えによる薄毛などは「勃起力」や「情熱」で体を整えて手当する場合もあるのです。

外からの手当で様子を見てからでも遅くないので、サプリメントは急がない方がよいでしょう。


5.すぐにはよくならない

薄毛はどれくらいでよくなるか?という質問に、たいていの人は3〜4ヶ月くらいと答えます。

しかし、荒れた頭皮をよくする期間を通過しないと育毛の段階に入りません。

また毛の生え替わりにはサイクルがあります。手当をしているとまず荒れた頭皮の期間に生えた毛が抜けていきます。 ここで抜け毛が多いとビックリされる方もおられますが、抜けないと新しい毛に生えかわりません。
そしてまた生えてきます。しかしここで生えてくる毛も頭皮がまだ回復していない段階だと産毛程度なのでまた抜けます。
(よく発毛率96%などとうたっているサロンがありますが、これはその産毛。硬毛ではありません)

生えてきた!と喜ぶ方もおられますが、その毛はまた抜けて生えかわる毛のことがよくあります。

このように育毛には波があります。この波を乗り越えて、根気よく手当をされた方が改善できるのです。
ちがいが見られるのは早くても6ヶ月以降です。(個人差があり、症状がひどい人はもっとかかります)
また毎日鏡で自分の姿を見ているので気付かないこともよくあります。

↑ PAGE TOP