育毛剤の一覧

カートの中身 現在のカゴの中

レストルイブ美髪 > 育毛剤

1 - 2 番目を表示( 2 商品中)  [ ページ: 1 ]

キャッシュレスで5%相当額還元

1 - 2 番目を表示( 2 商品中)  [ ページ: 1 ]

使い方で差が付く育毛剤

本人には気づきにくいのですが、育毛剤で頭皮がかぶれたり炎症がおこったりすることがよくあります。

この状態が続くと、頭皮は弱ってきて「うぶ毛しか生えない頭皮」になってきます。

それでもなお育毛剤の使用を続けていると、後遺症が残り、手当を変えてもその後遺症を改善するのに時間がかかります。

いちど自分の頭皮を合わせ鏡で観察して頭皮が赤っぽいようなら、手当そのものを組み立てなおす必要があります。ご用心を。


頭皮が拒絶している 血管拡張作用には注意を。

頭皮(細胞)には、高価な育毛剤とか効果の高い成分なんて判断はできません。

それを受け入れていい成分か、拒絶する成分かの2つにわかれます。

育毛剤をつけても頭皮がそれを拒絶する状況では、効果がないし防御機能が働いて、今後の手当にマイナスとなることがよくあります。

育毛剤やシャンプーなどを拒絶している頭皮は毛穴が閉塞したり角化して、頭皮は緊張しています。

このような状態では育毛剤は効かないので、手当法を組み替える必要があります。
ミノキシジルなど強力な血管か朽ちよう作用を持つ育毛剤は、次のような副作用もあるので要注意を。

◇かぶれやすい。◇動悸がする。
◇糖尿病や高血圧の人は注意を。

肩こりがヒドイ人や頭皮がうっ血しやすい人は「局部的な血管拡張」だけでは効果がありません。

車に例えると「一カ所だけ血の渋滞を改善」しても、その先では渋滞しているのでそれほど効果はないことになります。

できれば経絡に沿って、足から全身をマッサージしたほうが効果的です。


慣れが出てくる 頭皮が弱っていると効果はない

育毛剤は使い続けているうちに「慣れ」がでて効かなくなります。
おなじ刺激を受けていると慣れが出て細胞は反応しなくなるからだ。

慣れを予防するには、使い方や頭皮マッサージをマスターする必要があります。

育毛剤の効果に疑問や不安のある方は、ぜひいちどご相談下さい。

育毛剤は「アルコールローション」に分類され、即効性はあるが皮膚の保護作用や修復作用はほとんどありません。

このため頭皮に炎症があったり吹き出物が出る頭皮には、育毛剤はあまり効かないということになります。

つまり育毛剤はどんな頭皮につけても効果があるのでなく、育毛剤は「育毛剤が効く頭皮」につけないと効果はありません
だから、弱った頭皮には頭皮料で頭皮を回復させてから、育毛剤を使うと効果的です。


使い分け

頭皮に異常がある・育毛剤が効かない→頭皮料または頭皮ローションから始めて下さい。

M型脱毛症・ひたいの後退→スカルプケア頭皮エッセンスTをお使い下さい。(頭皮が回復してから)

その他の薄毛→レストルエッセンス(頭皮が回復してから)

↑ PAGE TOP