頭皮料(オイル)と頭皮ローションの一覧

カートの中身 現在のカゴの中

レストルイブ美髪 > 頭皮料・頭皮ローション

1 - 6 番目を表示( 6 商品中)  [ ページ: 1 ]

キャッシュレスで5%相当額還元


1 - 6 番目を表示( 6 商品中)  [ ページ: 6 ]

頭皮を改善しないと治らない

育毛は毛を育てる前に「頭皮を育てる」ことをしないと、毛は増えません。

毛を増やすためには「いい頭皮づくり」から。
弱っている頭皮・異常がある頭皮には、いくらいい育毛剤でも効かないのです。

頭皮がよければ、育毛剤を使うことでじゅうぶん毛は増えていきます。
つまりいい頭皮づくりは、育毛剤では無理なので、頭皮料がその役目をしてくれるのです。


頭皮に吹き出物がでやすい

頭皮が白く健康か、赤く炎症があるか、吹き出物が出やすい頭皮かで手当が違ってきます。

また白くても頭皮が弱りおとろえていると、育毛剤の効果は薄くなり、手当をしてもかなかな改善されません。

原因として体の中からと外からの因子が考えられ、それを見分けて手当を組むことがたいせつで、 間違うと悪化につながり頭皮はさらに弱って薄毛は進行することになります。


脂漏性湿疹や頭部湿疹ができている

脂漏性湿疹は非常に治しにくい皮膚病で、専門の医師でも長い期間を必要としています。

この湿疹がきっかけとなって、男性型脱毛症が進行するので、湿疹の治療と育毛手当を平行しておこなうひつようがあります。

誤解している人も多いが、病院で渡されるシャンプーなどは「湿疹を悪化させない」ためのもので、育毛や薄毛を改善する目的ではありません。

当方ではこれらの症状に「頭皮用シャンプーの使い方」を指導しており、脂漏性湿疹だけでなく薄毛にもいい結果を出しています。


頭皮に炎症がある、弱っている

頭皮にはっきり見える炎症がある薄毛が増えてきました。

この炎症の原因が、体の中からなのか外からなのかは判別が難しく、施術をした結果で判別しています。

原因によって育毛剤は禁止しなければ悪化することもあり、育毛の前に頭皮の状態を調べておく必要があります。

当方ではカウンセリングと施術した結果で、総合的に判断して頭皮対策を組み立てています。
そうしないと育毛剤を使っても効果がないか、悪化する結果となってしまいます。


頭皮料または頭皮ローション使い分け

頭皮にニオイはないが、炎症などの異常がある→レストルセリピッド

頭皮に異常もニオイもある→レストルセリピッド2

頭皮に異常が見当たらない→レストルエッセンスでしばらく様子を見る。

頭皮の異常がひどい・または汗かき・のぼせ→頭皮ロカイ(炎症を沈める)またはレストルケアローション

頭皮の炎症や湿疹がひどい→頭皮ローション(またはレストルケアローション)とセリピッドを併用

頭皮の慢性的な炎症・むくみ→レストルオウバクゲル

↑ PAGE TOP