薄毛対策用のシャンプーが進化

レストルイブ東京が、新レストル商品を展開

製造→お客様へ直販

代理店価格でレストル商品が買える

プロが使う高機能性商品が「元卸価格」で提供

商品

45年にわたり薄毛や美髪、美肌を研究し、「効果が期待できる高機能性商品」を開発し、理・美容師や薬局に提供してきたレストルが、提携先の「レストルイブ東京」から画期的な高機能性商品を販売しています。

「レストル商品は効果はあるが、高い。なんとかして」の声に応えて、直販システムにして「代理店と販売店のマージン」をカットした「会員価格」で販売しています。 

ただ、レストルの特徴である「カウンセリング販売」は継続しておこない、経験豊かなカウンセラーが「使う人の詳細を聞き取りして、状態に適した使い方や注意事項をアドバイスして販売」するシステムを採っています。

お客様にとっては「従来品より半額に近い価格」で、しかも「機能や効果面で進化」した商品でケアできるため、喜ばれています。


新しい機能、効果面が進化した商品

育毛商品

レストルは薬剤師グループからの要請で「薬局向け」の商品を開発し、皮膚関連の薬局に提供してきました。

そこから得た薬理的なノウハウを生かして「新しい機能と効果面を進化させた」高機能性商品を開発し、「施術用」として理・美容室に提供し、高い評価を得ています。

その臨床データと施術ノウハウを生かした商品を、レストルイブ東京から販売しました。

お客様の好みに合わせた感触面を重視した商品はたくさんありますが、「症状の予防や改善」に必要な「効果が期待できる商品」を直接お客様に提供することで、お客様は効果が期待できる商品を使い、自宅でケアが可能になります。

レストルイブでは、その効果を最大に引き出して使って頂くために、カウンセリング販売をおこない、お客様ひとりひとりの状態に合わせた使い方をアドバイスしています。


育毛の基礎、美髪の基礎は、シャンプー

レストルイブ商品

髪が傷みにくい、トリートメントがいらない、薄毛の予防目的
このようなシャンプーが欲しい、しかも「ふつうのシャンプー並みの価格」で。

レストルでは、薄毛で悩むたくさんの方から、このような要望をいただいていました。 

45年にわたる研究と、実際におこなってきた施術のデータから「いままでより進化させたシャンプー」、育毛だけでなく美髪にも効果が期待できるシャンプーを開発しました。
すでに数年前よりモニター店では施術に使っており、施術担当の美容師だけでなく、お客様からも高い評価を得ています。 

使ってみて、やはり「美髪のためには、毎日使うシャンプー」が基礎になります。
「薄毛対策の基礎になるのはシャンプー」であることが、改めて実証されました。 

普通のシャンプーとおなじくらいの価格なので、特別な症状や目的でなく、皆に使ってもらえるシャンプーとして「どうせシャンプーするなら」髪にいい、薄毛が予防できるシャンプーを使おう。という気持ちで使って頂いています。


シャンプーを替えた方がいい理由① 防御膜が洗い取られている

アトピー

アンケートによると20代~60代までの女性のほとんどは「髪がパサつく」と不満を漏らし、髪がパサつくからトリートメントを使うのが当然の習慣になっています。 

髪がパサつくのは「シャンプーで髪の防御膜が洗い取られている」からです。 

防御膜を洗い取られることで、キューティクルが浮き上がって剥がれやすくなり、そのすき間にシャンプーが残留し、髪は急速に損傷していきます。 

「損傷してからトリートメントで保護する」のでなく、損傷しない、保護膜を洗い取らないよう配慮したシャンプーを使う方がいい。

レストルイブ東京の「Eveケアシャンプー」は、洗浄成分が保護膜をできるだけ洗い取らないアミノ酸に加え、処方的にも保護膜を洗い取らない「Selection Wash(選択性洗浄)機能」をもった処方構成になっています。


シャンプーを替えた方がいい理由② 相対性刺激が強い

赤い頭皮

防御膜のある健康な皮膚にたいしては「やさしい」のですが、防御膜が洗い取られていくと、シャンプーが髪の内部へ浸透していき、髪の組成分のアミノ酸を変性させ、水分が保持できない乾燥した髪、うねりが出てきます。

いっぽう頭皮の防御膜を洗い取られた頭皮には、「シャンプーの刺激を強く受ける」状態となり、頭皮の育毛環境は悪化していきます。(相対刺激) 

髪がパサつくのと同様に「毛穴の内壁」も角化した荒れ肌状態となり、抜け毛が多くなるなど、目が届かない毛穴の中から「育毛環境が悪化」していきます。

そして、髪が細くなった、コシがなくなった、など感じられるようになったときは、毛穴の中は「進行度3の薄毛」に進行しています。


シャンプーを替えた方がいい理由③ 無差別洗浄の弊害

キューティクル
無差別洗浄のシャンプーでは、シャンプーするたびに、髪のキューティクルが剥がれ落ちています。

「皮脂を取らなければ」「毛穴がつまっている」「ニオイ菌が」など、毎日シャンプーしてきれいにしなければと、テレビなどで頻繁に流され、無意識に洗脳されています。 

「洗う」ということ、洗い取られるのは「汚れや汗、古くなった皮脂など」ばかりではなく、「美髪を保つため、育毛環境を保つために必要な成分」まで無差別に洗い取られているのです。 

欧米ではシャンプーは3~4日に1回のペースでシャンプーしています。
つまり、美髪や育毛に必要な成分が洗い取られても「回復する時間」があるのです。 

日本の場合は毎日のようにシャンプーし、「美髪や育毛に必要な成分」を洗い取り、それが回復しないまま、またシャンプーしています。
そのため「女性の薄毛人口、細毛の人口」が増えているのです。 

レストルでは「Selection Wash(選択性洗浄)機能」を持ったシャンプーを開発し、髪がパサつくなどの損傷毛対策、薄毛を予防・改善したい人に使って頂いております。


シャンプーを替えた方がいい理由④ カラーの恐怖

カラー抜け毛
カラーの薬液が毛穴の奥まで浸透して、毛根や毛穴の内壁まで染まっている抜け毛。

カラー剤の処方を見るとアブナイ成分ばかりが目立ち、カラー剤を髪の硬いケラチンへ浸透させるために数種類の界面活性剤が配合されています。

それを「塗布開始から洗い流すまで30~40分にわたり接触」させておくカラーは髪だけでなく頭皮にも多大なダメージを与えています。

毎日のようにシャンプーして「髪や頭皮の防御膜が洗い取られている状態」でカラーするのだから、もっとダメージが大きいことになります。

このことから「カラーやパーマ」をする人ほど、日頃から髪や頭皮の防御膜を洗い取らない気をつけたシャンプーを使う必要があります。

レストルの「Eveケアシャンプー」は、カラーやパーマをする人の髪や頭皮から防御膜やアミノ酸を取り去らないシャンプーとして使われています。

カラーした髪を200倍に拡大して見ると、「髪がやせている」のが見られます。
カラーにより、アミノ酸がはぎ取られ、変性して細くなっているのです。


シャンプーを替えた方がいい理由⑤ 50才からのエイジケア

女性ホルモン
女性ホルモンの曲線だが、35歳くらいから低下していき、更年期、閉経としだいに再生機能も低下していきます。

女性の肌は、35才くらいからアミノ酸やコラーゲンの産生が低下して、肌に弾力がなくなり、小じわが現れてきます。

髪も防御膜やアミノ酸の補充が遅くなり、今までと同じようなシャンプーを使い、今までと同じペースでシャンプーしていると、髪は傷みやすく、ツヤ・コシがなくなり、細くなっていきます。

その上、白髪染めをすることで、もっと髪質は悪くなり、髪の質が変性してしまい、毛はやせてきます。

この年代の女性こそ「アミノ酸や保護膜を洗い取らない」シャンプーが必要なのです。

歳を取り、白髪染めして、ツヤ・コシのないやせた髪になるか、「いつまでもきれいな髪ね」とうらやましがられる髪を保つかで大きく違ってきます。

アミノ酸やコラーゲンはお肌だけに必要なのではなく、髪にも必要な成分なのです。
(レストルのアミノ酸やコラーゲンを洗い取らない洗顔料をお使いください)


「Selection Wash(選択性洗浄)機能」を持つシャンプー

商品

レストルが開発した「Selection Wash(選択性洗浄)機能」を持つ「Eveケアシャンプー」

レストルが護ってきた、「必要な人に必要なケア、必要な商品を」を基本とした「カウンセリング販売」をレストルイブ東京からネット直販を展開します。

直販システムにして、普通のシャンプーと同じくらいの価格で、高機能性商品が購入できる、しかもネットで購入でき、送料が無料など、お客様に便利でメリットの大きい購入方法といえます。

例=販売店ルートで購入したら 4,600円のシャンプー
直販ルートで購入したら  3,600円 送料は無料で購入

購入の方法
①メールで申込み → こちらのフォームからお申し込みください。
②カウンセラーから体質や症状について確認のメール
③返事を返し、購入の方法をお知らせします(振込、代引き)
④カウンセラーから具体的なアドバイスとともに商品が送られてきます。

薄毛など、気になるかたは画像診断の上、ケアの方法などをアドバイスしています。


↑ PAGE TOP