美髪に必要なのはトリートメントではない

間違いだらけのトリートメント

あなたの髪、ここが間違っている

表面だけのトリートメントではダメ

間違い① 傷めてからトリートメントするの?

キューティクル
シャンプーした後、損傷毛の浮き上がったキューティクルのすき間にシャンプーが残り、それを包むようにトリートメントしています。

右の写真を見せて「シャンプーで、こんなにキューティクルが剥がれている」と説明したら皆が驚きます。 

いったんキューティクル剥がれた髪にトリートメントしても、元には戻せません。キューティクルが剥がれた髪は、中の水分がドンドン逃げていき、乾燥髪になり、やせてツヤがない、うねった髪になってしまいます。 

そしてシャンプーするたびに「髪の中から美髪成分のアミノ酸」が洗い取られていき、ますますダメージが大きくなり変質していきます。

美髪の第1は「髪を傷めないシャンプー」「キューティクルを剥がさないシャンプー」と「髪を傷めない洗い方をすることです。

レストルイブからのアドバイス
トリートメントしなくても髪が保てるシャンプーを使いましょう。
トリートメントを購入する費用の節約、髪にトリートメントをなじませる労力がいらないシャンプーを使うことをおすすめしております。


間違い② 保護するのは髪の表面だけ? 

トリートメント
トリートメントは髪の表面に被膜を作り保護するだけ。(シャンプーがキューティクルのすき間に残ったまま)

髪が少しパサつく程度なら「髪の表面を保護」するトリートメントでもいい。 

しかし、キューティクルが剥がれ、中の美髪成分がシャンプーのたびに洗い取られていく状態なら、表面の保護だけでは美髪は維持できません。

右の写真のように「髪の中から美髪成分のアミノ酸が洗い取られ”空洞”ができている」損傷毛には、「髪の中の損傷まで補修し保護する」トリートメントでなければ美髪は維持できません。

毎日のようにシャンプーしている女性なら、髪の末端は「中に空洞ができている」くらい損傷しているはず。
だったら、いまのトリートメントでは美髪は維持できません。
深層美髪トリートメントを使い、髪の内部から補修する必要があります。


間違い③ トリートメントで髪質が悪化?

キューティクル

キューティクル
損傷ではなく「変性」。 髪の質が変化して乾燥しうねりのある髪に。

いまお肌のケアで、昔ほど「クリームを使わなくなった」使わせなくなったには理由があります。

トリートメントも同じ理由から改革がなされています。
次のことを頭でイメージしながら読んでほしい。

髪が傷んでくる、シャンプーの後、髪にトリートメントをつける、トリートメントが髪の保護成分となじみ混ぜ合わされる。(このときは髪は保護されている)
シャンプーすると「トリートメントといっしょに、髪の保護成分も洗い取られる」
つまり、トリートメントすることで、髪の保護成分まで洗い取られてしまうのです。 

肌に使うクリームもいっしょ。
使ったときはクリームが肌の防御膜と混ざり合い、肌の乾燥状態を保護します。

しかし、洗顔したとき、クリームと一緒に防御膜まで洗い取っていくのです。(洗顔の「洗の作用」とクリームの「溶」の作用で、美肌成分を溶かし洗い取っていきます)

だから、髪は保護膜なしの裸状態になってしまい、髪質は悪化していきます。
いつもトリートメントが必要な髪になっていきます。(これがメーカーの狙いかも) 

保護膜が消失した髪は、シャンプーが髪の中へ浸透していき、髪のアミノ酸を変質させてしまい「変性毛」のひからびたミイラ状の髪になります。(損傷はカバーできるが、変性はもっとひどい)

どうしてもトリートメントが必要なら、
①髪の内部まで補修するトリートメント
②保護膜を強化するトリートメント(界面活性剤フリーのトリートメント)


間違い④ 疑似成分で美髪は維持できない? 

アミノ酸
皮膚や髪はアミノ酸で構成されています。加齢と共にコラーゲンが減少していきます。

髪はアミノ酸類から造られています。
だから傷んだ髪にはアミノ酸や防御膜を形成する成分でつくらたトリートメントを使って保護・補修するのが理想です。 

しかし、手ごろな価格で販売し、メーカー、代理店、販売店の利益を得るためには「高い原料なんて使えない」のが現実です。

だからメーカーは「感触がいい”似た成分”」で代用して商品を作っており、処方的に「界面活性剤」を使わざるを得ません。
それが「感触はよくても、結果的に髪質が悪くなる」原因となっています。

「いつまでも髪、きれいね」とか「いつまでも豊かな髪、うらやましい」と歳を重ねるほど、ほめられ、うらやましがられる美髪を維持するためには「ホンモノ」を使うべきです。

レストルでは、髪の組成分と同じアミノ酸類による『トリートメントローション』を美髪トリートメントとして使っています。 ローションタイプなので細い髪にも重さのないトリートメントが可能で、ボリュームを出すことができます。


レストルイブからの提案

トリートメント

美髪を保つためのかしこい選択、お金の節約にもなる選択は

①髪の傷めない、髪の防御膜やアミノ酸を洗い取らないシャンプーを選ぶ
肩までの長さの髪ならトリートメントがいらないはず。(ひどい損傷毛は別)
使っていくうちに髪質がよくなっていきます。
第1選択 Pureアミノ酸シャンプー 210ml  

②キューティクルが剥がれた損傷毛には「保護膜にやさしい強化液」をシャンプーに1~2滴入れてやさしく洗います。
第1選択 アクセラエッセンス  30ml 

③髪がひどく傷んで、どうしてもトリートメントが必要なら
界面活性剤フリーで、髪の組成分からつくられたアンテドラッグ形式で「必要な成分だけ髪に与える」深層美髪トリートメントを使い、髪の中の損傷まで補修・保護します。
第1選択 深層美髪トリートメント 250ml


カウンセリング販売

カウンセリング

髪の太さ、髪質、損傷度、変性度など、個人差が大きく、じぶんの髪に適したトリートメントを選ばなければ、かえって髪にストレスを与えたり、頭皮にダメージを与えることになります。

レストルイブでは、カウンセラーがていねいなカウンセリングをおこない、相談者の髪質や症状、進行度などに適した手当法と商品をお渡しする「直販システム」を採っています。

改善率を高めるためには「タダ商品を使う」だけでは限界があるからです。
また、「現在さえよければ」ではなく、将来のこと、将来の美髪維持まで考えたトリートメントやヘアケアが必要です。

そのためには「じぶんの髪質と状態」を把握して、美髪維持ができるトリートメント選びとヘアケアが必要です。

トリートメントや美髪に関して、ご希望の方は ここをクリックしてフォームよりお問い合わせ下さい。

↑ PAGE TOP