アトピー、アレルギー体質の方の薄毛対策

肌の環境(エコロジー)が悪化

間違いだらけ「体の洗い方」

幼少時、受験時、ストレス環境、老齢期

薄毛相談の86%は「アトピー、アレルギー体質」の人

アトピーのグラフ

「薄毛をいろいろなところで相談し、手当てをしてみたけど薄毛が改善しなかった」という方が、遠くからレストルまで来られます。

その内容を聞いてみると「アトピー、アレルギー体質」のかたが圧倒的に多い。このような方は、体質に適したシャンプーを選ぶ必要があります。

しかし「薄毛」や「AGA」といった区分で育毛のケアをしておられる方が多く、薄毛の対策に使う商品を選んでいらっしゃいます。 

ここが間違っているのです。
「一般の薄毛」と「アトピー体質の薄毛」は、対策が少し違うのです。 

いまのケアは「対症療法」的なケアで、現れている症状に対応する商品を使わせる治療法や手当法です。これではよくならないどころか、かえってこじらせてしまっているケースが多い。 

そのような体験をされたかたが、交通費を使ってレストルまで来られているのです。
商品を販売してケアをしてもらうシステムでは、商品を販売するために必要な知識しか勉強していないので、アトピーやアレルギー体質の薄毛やAGAが「治らない」とか「悪化した」ケースも出てくるのは当然なのです。

薄毛を改善するためには「顔や体のアトピー症状」も改善しなければならないので、アトピー肌の洗顔料や化粧品、ボディケアの商品を持って帰って頂いております。

髪や頭皮だけでなく、顔や体の肌も同じで「アトピー体質のケア」をしなければ、よくするためのケアでストレスを与えていることにもなります。


アトピーの薄毛対策はどこが違うのか?

カウンセリング

ここに詳しく書けないのが残念です。

詳しく書かないのは「人の文章をちゃっかり借用して金もうけする」人が多く、ホームページの作成者などはそうした「文章を集める」ことで、経営が成り立っているからです。

情報を集めて勉強し「学術的、理論的には知っている」のですが、実際の施術は経験がないため「臨床的、どのように対策を組み立てていくか」や「注意事項」までは知らない専門家が多いのです。(とくにネットでは「なりすまし専門家」が多いと聞きます) 

レストルには、全国から理・美容師や薬剤師などの専門家が勉強に来られていますが、それは「知識の勉強」をするためだけではなく、実際の施術や手当法を知りたいから来られているのです。
やはり知識だけでなく実践施術からえた施術経験がなければ、慢性的な症状や疾患の改善は難しいのです。


間違いだらけの「アトピーケア」

壊れた肌

アトピー性皮膚炎を発症していなくても、アトピー体質を持っている人は全体の20.8%もいるというデータがあります。
アトピーに関して、たくさんのサイトがあり、いろいろな情報が得られますが、「正しいとか間違い」というのではなく、結果的に改善するためには次のことを知ってほしい。 

「”アトピー”という疾患や症状を治す」だけではなく、「”人”を治す」ケアをしなければアトピーは治りにくいのです。
そして「炎症の状態にも4徴」があるように、どの時期のアトピーかで対策は違い、使い方も違ってきます。
だから、単にアトピーとか育毛というキーワードで対策をしたり商品を購入するのは問題が多い。

これはアトピーだけでなく、慢性的な症状、育毛に関しても同じことがいえ、「人を治す」ことができる専門家が必要なのです。

メーカーは「効く薬」の開発を続け進化させていますが、それでも治らない人が多く、ますます難治性の疾患は増える傾向にあります。
それは「薬で治そう」としているからで、薬の効果には限界があり、症状を見分けて細かい手当法を組み立てアドバイスする専門家が必要なのです。


「洗浄剤」選びと「洗浄法」の意識改革から

ボディウォッシュ

多くの人は「洗浄成分で洗って汚れを落とす、きれいになる」という意識で、毎日のように「顔、頭、体」全身を洗っています。

ちょっと別の話になりますが「痔」になる人が増え、痔専門病院の待合室には行列ができています。先生からその人達への最初の質問は「ウォシュレット」を使っていないかの質問です。なぜなら、ウォシュレットで洗うことで「おしりの肛門の保護膜」まで洗い取るから痔になりやすいのです。

それとおなじ理由から、「洗い過ぎ」を改善するため、毎日使う洗浄剤を考え直さなければならないのです。

洗い過ぎにより
・シャンプーで、薄毛が増加している。
・洗顔料で、しわ、たるみ、老化が速まっている。
・体の洗浄で、カサカサ肌、かゆみ、掻痒症、「気」の消費、ボケにも関連性が 

いまはメーカー側のPR、「やさしい、アミノ酸系、オーガニック、除菌、汚れを取る」などの情報で洗脳されてしまっています。

洗ったらきれいになり、すっきりしますが「皮膚のエコ」がどのように変化したのかまでは知らされていませんし、専門家にも知らされていないことが多いのが現実です。

難しい言葉ですが「相対的」と「絶対的」という言葉がありますが、「”やさしい”けど、”アトピーの皮膚”、”じぶんの皮膚”にはどうか」を調べなければ「やさしい」とはいえません。

もっと厳密に言えば、アトピーの状態で「炎症の4徴」のどの状態か、症状が混在しているが、じゅくじゅくしている状態、またはカサカサ状態のときか、などで使う商品や「使い方」をかえる必要があります。

つまり「これで洗えばいい」といった商品はないのです。
そして、体質や症状により「洗浄剤」の選び方は違い、「洗い方」も変える必要がありますし、ケアの方法も違ってきます。


元気の維持に重要なボデイ洗浄

背中

約8%のアトピー性皮膚炎、約20%のアトピー体質、そして約60%の50才以上のかたには、「体を洗う」ということが「元気の維持」に重要になります。

健康と元気は違います。
健康でも元気のない人が多くなっている。
やる気がない、根気がない、気力がない、持続力や集中力が不足、気落ち。
これらは見えないため信用しない人も多いのですが、体は「気」で護られているのです。
体は「気の陽圧」により外部からの外敵が侵入しないように、気を外に向けて発しており、それを「オーラ」と呼んでいます。

有り余る「気」を持っている元気な人は、体を洗って「余分な気を逃がす」ことで、さっぱりしますが、体力が落ちた年寄りは体を洗って「気を逃がす」と疲れるのです。
そしてそれが「風邪をひく」原因にもなっています。
つまり体を洗うことで防御膜が洗い取られ外敵が侵入しやすくなるためです。
だから年配の人、疲れやすい人は、お風呂に入っても「毎回体を洗浄剤で洗う」のはやめて、お湯だけで洗い流すほうが元気を保てるのです。
おなじく、アトピーや体力のない受験生も、入浴しても毎回石けんを使うのは控えた方がよい。

レストルでは、ボデイ洗浄も「汚れは洗い落としても皮膚の防御膜まで洗い落とさない」イブのボデイウォッシュを開発し、健康維持=元気を洗い取らない洗浄剤をアトピー体質や50才以上のかたにおすすめしております。


会員価格で安く買える直販システム

女性

純粋のアミノ酸系洗浄成分は通常の洗浄成分より高く、2~4倍もするので、通常の販売ルートでは高額なシャンプーになってしまうのがネックでした。

レストルでは「製造-ユーザー」の直販とし、容器や化粧箱、宣伝費などをカットして、驚きの価格で展開しています。 

①イブケアシャンプー 210ml  6,000円(税別)
これを 「送料込みの特別会員価格」  3,600円(税別)
②イブケアシャンプー 630ml 16,000円(税別)
これを 「送料込みの特別会員価格」  9,000円(税別)
③イブケアウォッシュ(洗顔料) 210ml  6,000円(税別)
これを 「送料込みの特別会員価格」  3,600円
④イブボデイウォッシュ(ボオディソープ) 210ml  6,000円(税別)
これを 「送料込みの特別会員価格」  3,600円 

洗浄剤は、ずっと使い続ける商品なので、経済的な負担が軽くなるよう、この価格にしました。

学生割引制度
お小遣いの中からシャンプーを購入される学生さん
(大学、専門学校、高校、中学、小学、保育園)
特別優待制度
理・美容、エステなど美容関係の学生には、さらに特典有り。(メールでお知らせ下さい)


購入の方法

芽

カウンセリング販売で、使う人の髪や頭皮の状態を聞き取りして「効果的な使い方」といっしょに商品をお渡しするシステムです。
イブ、元気塾、レストル元気塾、レストル美容室のみの 直販です。

ここをクリックして、フォームに記入して下さい。

②折り返し、こちらから具体的な症状について質問するので、返信して下さい。

③振込が確認後に「商品」と「くわしい使い方や注意事項」を同送します。

④7~10日くらいして「使い方の確認」メールをお送りします。

⑤商品または毛髪に関する質疑応答をおこなっています。

会員の質疑応答は「画像」による診断も入ります。スマホやデジカメによる画像による分析のほうが「より具体的なアドバイス」が可能になります。


↑ PAGE TOP