水だけ洗顔で美肌を取り戻す

細胞が必要とする水

細胞に親和性のある活勢水

水だけの美顔法

アクアポリンが1.8倍の活勢水

アクアポリン
細胞の穴は水の分子が1つずつ並んで通る穴なので、レストル活勢水はその穴をストレスなく通れる水なのです。

レストルの化粧品はアクアポリンの数値が普通の水の1.8倍もある『活勢水』をベースに創られています。 

細胞には『アクアポリン』という水が出入りする穴があり、その穴を水の分子が「直列」になって高速で出入りしています。 

各地で「名水」と評価されている水は、このアクアポリンの数値が高い水であることは知られており、「命の水」とか「美肌の水」など広く使われていますが、レストルの水は肌への親和性が高く『美肌活勢水』として、これを化粧水代わりに使っている女性も多い。 

またレストル美容室の水もこの活勢水を使っているため、髪や頭皮、肌にやさしく、育毛施術のメニューには、活勢水だけで『頭皮洗浄』をして成果を上げています。


肌は「化粧品で老化」している

肌

右は「顔の皮膚の拡大画像」ですが、いろいろな症状が現れているのがはっきりわかります。
これらの症状の直接的・間接的原因は「使っている化粧品」にあります。

高額な化粧品、美肌成分の化粧品を使うことで美肌は保たれていると、誰もが考えていますが、これは化粧品メーカーが創作した都市伝説に過ぎません。

肌の防御機構にとって「化粧品も”異物”」にすぎません。

肌は化粧品で覆われることで「それを中に入れないよう防御」するため、透明な肌は厚くなり角化したり、慢性的な刺激によりいろいろな症状が現れてきます。

だから「じぶんの肌に必要な化粧品」ではなく、「じぶんの肌に必要な成分」だけを使うのが美肌を保つ最適な方法といえます。

いま使っている化粧品の裏に書かれている表示成分を見て下さい。
それだけ多くの成分が全部必要と思われますか?
必要ない成分が「ストレスとなり、老化の原因」にもなっているのです。


化粧品の界面活性剤を少なくできる

芽
1000mlの水に、たった1mlの洗浄成分(界面活性剤)がまじつていてもクローバーの種は発芽しない。

レストルシャンプーの刺激が少ない、変性しにくいのは「少量の界面活性剤」で同じ効果が期待でき、それだけ「刺激」や「細胞へのストレス」のない商品ができるからです。 

ほとんどの商品は「比重や性質の違ういろいろな原料」を混ぜ合わせるため界面活性剤を配合していますが、その界面活性剤が細胞にダメージを与えることも多い。

シャンプーや洗顔剤のような洗浄成分も界面活性剤なので、できるだけ少なく配合したいものの、「泡立ち」が悪くなるため、どうしても界面活性剤の量は減らせません。 

しかし、レストルのシャンプーや洗顔剤は、活勢水をベースにしているため、洗浄成分が少ない量で済むため、毎日使っても髪や肌に与えるダメージは少なくて済みます。

とくに肌の防御力が弱いアトピー体質や、45才以上の女性には、活勢水をベースにした商品を使うことで肌や髪の防御膜が保たれ、美肌と美髪が保てます。


個人用の「活勢水」生成Pod

活勢水
87才まで平均寿命が伸びている女性は、美肌を維持するため、洗顔の自ら自分用の水を使う女性が増えています。

洗浄剤で洗うと「汚れや老廃物」だけでなく、美肌の維持に必要な成分まで肌から洗い取られていきます。 

洗顔後に「肌がかさつかない」のは、洗顔剤に含まれている「加脂剤」が含まれており、それが肌を保護するからで、実際には洗顔で美肌に必要な成分は洗い取られているのです。 

だから「すっぴんでは見せられない」肌になってしまいます。 

レストルEveでは、アトピー体質で防御膜の形成が弱い肌、45才以上の美肌成分が少なくなってくる肌には「活勢水だけの美顔洗浄」をして頂いております。

右の写真のPodに1000mlの浄水を入れておき、それを「朝の洗顔」に使います。
朝は活勢水だけで洗顔を続けていると、しだいに美肌になっていきます。

美肌を創る洗顔法

①夜はSelection Wash(選択性洗浄)機能を持つ「Eveケアウォッシュ」で洗顔
②朝は「美肌活勢水」だけで洗顔
これを続けていると、しだいに美肌が創られていきます。


「じぶん用化粧品」で美肌づくり

肌
レストルの活勢水は「肌に親和性が高い」ので、整肌化粧水として使われています。また、アトピーや炎症をおこしている肌の鎮めやわらげる目的でも使われています。

化粧品の裏の表示成分を見て、こんなにたくさんの成分が配合されているリッチな化粧品と考えてしまう。

しかし美肌を保ちたい女性は、サービス過剰ないろいろな「おまけ成分」が配合されている化粧品は使いません。

「効果は配合量に比例する」ので、ある程度の量を配合されていないと「効きません」。いろいろな成分を微量ずつ配合されても効果は期待できないので、配合の意味がないのです。

それどころか「じぶんに必要でない成分は、肌にストレスを与える」ことになります。

だからエイジケアのためには「必要な成分のみ」を「効果が期待できる量を配合」した化粧品を使うようにしたい。 

レストルでは「美肌活勢水」と「必要な成分」を組み合わせた「槍のように効果が鋭い”単味”化粧品」を開発し、使って頂いております。 

そのため、多くの女性は「美肌活勢水」と「単味化粧品」の2つで美肌を維持できる、極めてシンプルな時間のかからない化粧をしています。 

美肌を望む方は こちらをクリックしてお問い合わせ下さい。


↑ PAGE TOP