髪と頭皮の老化度をチェック

ボケないため、老けないために

髪と頭皮の老化度をチェック

毛髪と肌の画像診断

老化度のチェック 抜け毛でわかる老化度

抜け毛

髪を分析すれば、その人の健康状態から生活習慣まで分かるといわれています。

分析技術は進歩して、数千年前のミイラの毛髪から「なにを食べていたか、どのような生活をしていたか、健康状態、どこが悪かったか」などがわかるといわれています。

抜け毛から髪と頭皮の老化度、どのようなケアをしているか、使っている商品が適しているかなどがわかるので、レストルでは初めて来店されたお客様の髪や頭皮の老化度をチェックして、そのデータを元に未来予測して「家庭でのケア」を組み立てています。

とくに代謝が緩やかになる40代からの「美髪維持」や「薄毛の回復」、「カラーによるダメージ度」などをチェックして「これからのエイジケア」をどのようにするかを具体的にアドバイスしております。

さいきんは「抜け毛の送付」と「頭皮の画像」をメールに添付して、家でどのようなケアをしたらいいかをアドバイスしております。


長生きしても、元気でなければ

女性

3分ほどの診察と薬をもらうため、半日を費やして病院に行く人たちが増えています。

20年ほど前には「つえの専門店」ができるなど想像もしませんでした。
階段をそろそろ降りる人、物に捕まらなければ立ち上がれない人など、やはり「元気がなければ」と考えてしまいます。

トランス型がボケの原因になるとか、食品添加物の界面活性剤など、つねに新しい情報が生まれてきます。

食生活に関する情報はもちろん、日常で何気なく使っているシャンプーや洗浄剤、カラーや白髪染めからも気をつけたい情報がたくさんあります。

歳を取っても「若くきれいに見られる」や「元気で若く見られる」ようにするために、肌のツヤ、豊かな髪を保ち、元気でいたいと考えるようになる。


老化度をチェックしてからケアを

女性

毎日のようにシャンプーする→髪が傷む→トリートメントを使う→髪質が悪くなる→白髪年齢が速くなる→カラー、白髪染め→髪だけでなく頭皮の老化→体にも影響が出る(アレルギー、ボケなど) 

髪をきれいに保つためにしているケアが、かえって髪や頭皮にダメージを与えたり老化する、このような悪循環をなくすためには、「そうならない前の抜け毛チェック」をおすすめしています。

①抜け毛と頭皮の画像
髪と頭皮の老化度と、現在のヘアケアが「適しているか」がわかり、これからのヘアケア、美髪維持と薄毛の予防のための対策を組立てアドバイスします。 

②抜け毛と頭皮の画像、顔の画像
ケアだけでなく、顔と体の「老化度」がわかり、未来予測と「どのようなケアが理想的か」をアドバイスします。

細胞は「異物の侵入」に対してストレスを感じ、細胞が萎縮したり防御のための角化など、いろいろな症状が現れてきます。
薄毛の症状が現れてから「改善手当」をするよりも「予防対策」のほうが、かんたんで経済的にも負担が少ないのです。 

だから「現在の老化度や未来予測」することで、事前の予防対策がかんたんにできるし、若くてきれいな髪や肌」を保つエイジケアが出来るのです。 


頭皮や肌の防御膜が破られている

アトピー

毎日のシャンプーや洗顔、入浴やボデイ石けんが「体の防御膜を破壊」し、頭皮や髪、顔や体の肌にダメージを与えています。
とくにアトピーやアレルギー体質の肌は防御膜が弱い体質なので、「ダメージの蓄積」から、いろいろな症状が現れるようになります。

レストルでは「画像分析」により、目には見えない「かすかな兆候」未病的な兆候を見分けて、未来予測をおこない、エイジケアのシステムを組み立て実践することで、頭皮や肌にストレスのないケアができます。

35才頃から女性ホルモンに護られていた肌、代謝速度が遅くなり補修しにくい肌へと進行していき、肌は角化重合して乾燥しきめの粗い肌へと老化が促進していきます。 

若さやきれいを保つためのケアが、老化を促進させることにならないよう「じぶんに適したケア」を知っておく必要があります。

レストルでは「抜け毛」と「頭皮の画像」、「肌の画像」から、現在の老化度と化粧品によるダメージ度を見分けて、これからの「エイジケア」を組み立てています。


画像診断の依頼者が増加

検査手紙

わざわざ専門の育毛サロンやエステサロンに行くより「家庭でケア」するほうが経済的だと、「在宅ケア」を希望する人が増えています。 

そのためには「現在の状態を正確に知っておく」必要があり、専門家の的確なアドバイスが必要ですが、それを「画像診断」で解決できることから、画像診断の依頼者が増加傾向にあります。

家にいながら「じぶんの頭皮や髪、肌の状態、現れてくる症状、未来予測」がわかり、それに対応するケアの方法をアドバイスしてもらえるシステムなので広い年代層からの依頼が来ています。

くわしいことは ここをクリックして、メールをお送り下さい。
折り返し、詳しい資料をお送りしています。


↑ PAGE TOP