薄毛・AGAでお悩みの方に体の中からの育毛

体の中からの育毛

薄毛、AGA、育毛効果のあるサプリメント

気・血・水について知っておく

育毛用サプリメントの必要性

サプリメント

ネットで検索すると「育毛に効果のあるサプリメント」がたくさん掲載されています。

レストルの相談者へ「サプリメントを飲んでいるか」を質問すると、多くの人が飲んでいると回答しています。

しかし、その多くのサプリメントは疑問に思うことが多いが、相談者からの質問がない限り黙認しています。

はっきりいって「こじつけ」販売のための理論を元にしたサプリメントが多いのです。

少ないお小遣いの中から「早く治るように」とサプリメントまで飲んでいる人のことを考えると、やはり知らせておきたい。 

レストルでは、カウンセリングでサプリメントが必要な人にも、まず外からのケアから始めて頂いております。

その理由は「薄毛やAGAに直接効くサプリメントはない」からです。
薄毛のサプリメントとして亜鉛を用いている人は多いのですが、45年も薄毛の相談者を見てきましたが「亜鉛欠乏症」で薄毛になっている人を見たことがありません。
「亜鉛が欠乏したら細胞に影響が」という理論を、勝手に延長発展させた「こじつけ理論」が横行し、サプリメントを販売していることが多い。


サプリメントの方向が間違っている

生薬素材

生薬エキス

レストルが推奨しているサプリメントは「育毛のため」ではなく、体の「気・血・水の調整」のために飲んで頂いております。 

一例として、育毛剤の血流促進や血管拡張作用だけでは十分な効果が出にくいケースでは血をサラサラにしてスムーズに流れるような効果のあるサプリメントを推奨しています。これは「育毛のため」というより、体の中を整えるために用いています。

東洋医学では、体は「気・血・水」の3つの要素がバランスを取り合って健康を保っており、気・血・水のどれかが滞るとバランスが崩れて体や心に影響が出てきて、疾患にもつながっていきます。 

東洋医学では「元気」をたいせつにします。
心や体に元気が不足した場合、生命維持に重要な器官でない毛髪は、真っ先に影響が現れてきます。
そうした薄毛(体の中にも薄毛の原因となる)と、外からのケアでじゅうぶんな薄毛は分けて考える必要があります。


気・血・水に問題がある人たち

気・血・水

人の暮らし、外食が多い、仕事のシフトで勤務時間が不規則、バランスの悪い食事、生活習慣、血糖値、糖尿病、コレステロールの問題など、あきらかに薄毛の改善に影響が出るときのみ、体と心がどのように薄毛に影響しているかを説明しています。

健康でも「元気が不足」している人も多いからです。
元気が不足しているのに、元気な人と同じように働くのは「元気なときよりエネルギーを浪費し、ストレスを強く受ける体」になっているため、髪を育てる余裕がなくなるのです。

レストルでは、相談者の気・血・水のバランスを観て、健康にまでおよんでいる場合はきちんと説明して「まず食事による元気」を考えて頂いております。

そして「元気」であることがどれだけ体や心にたいせつかを理解して頂いております。


サプリメントの第一義は「元気」

女性

市民マラソンに例えると「元気で走っている人」と「バテバテだが遅れないように走っている人」もいらっしゃいます。
バテバテで走っている人のほうが余分なエネルギーを使うし、なけなしのエネルギーを使うから、よけいにバテるのです。

つまり「元気が不足している人」は、髪を育てる余裕、回復させる余力がないため、外から育毛ケアしてもなかなか成果が現れにくい人なのです。

そうした人は「体の中を整えて元気に余力のある体」になってもらうためにサプリメントを用いるのです。 

レストルでは「育毛に効果のあるサプリメントはない」こと、用いるサプリメントは「どのような目的か」をきちんと理解して頂いてから、続けて頂いております。 

だから「まず、体が違ってきた」と喜ばれ、生活面や仕事の面で違ってきたことを喜んで頂いております。

ちかごろメールなどで「飲んでいるサプリメント」に関する質問が多いのですが、そうした質問は「メーカーの利害関係もある」し「誹謗中傷」とも取られるので、なるべく回答しないようにしております。
しかし、あまりにもひどい「販売」には、「費用対効果」について、また「方向違い」について説明しております。


↑ PAGE TOP