薄毛の改善率を上げるには頭皮の画像チェックを

ずいぶんお得なレストルイブ東京の会員

薄毛の改善率を上げるには頭皮のチェックが必要

スマホで撮影した頭皮を診断

「美髪に戻す」、「薄毛の改善」には時間がかかる

①キューティクルが浮き上がっており、このすき間にシャンプーが残ってします。
いたみ

②キューティクルが剥がれてしまい、シャンプーが髪の内部へ浸透していき、シャンプーのたびに髪の中から美髪成分が流れ出てしまいます。
キューティクル

③損傷が進行していき、髪の組成分のアミノ酸が変性してうねり乾燥した髪になります。
キューティクル

傷んだ髪の「感触を変える」なら、すぐにできますが、「髪質をよくする」には時間がかかります。 

なぜなら、髪はどんな効果的な商品を使いケアをしても、1ヶ月に約1cmしか伸びてくれません。
じぶんで「よくなってきた」とわかるのは、4~6ヶ月も後になります。
そして、全部髪質がよくするには2~3年ほどかかることになります。 

美髪や薄毛の対策でいちばん注意したいのは「損傷毛」とか「育毛」など、ひとくくりにしてケアをしないことです。

髪の損傷度や原因によりシャンプーのやり方やケアの方法も違ってきますし、変えなければ改善できないからです。

右図上の写真は、髪から防御膜が洗い取られて、キューティクルを密着させているセラミドがシャンプーのたびに洗い取られ、キューティクルが浮き上がっている状態です。 

右図中の写真は、損傷が進行していき、キューティクルがはぎ取られ、シャンプーのたびに「髪の内部からアミノ酸類が流れ出ている」状態、流れ出た後に空洞ができている状態で、髪はやせ、うねりがでて、毛先はチリつくような重症の損傷状態です。 

右図下の写真は、損傷ではなく「変性」した髪です。
なぜシャンプーにアミノ酸を使うかといえば「髪を変性させない」ためです。
安い価格の洗浄成分には「変性作用の強い」品種もあり、変性した髪は保水機能がなく乾燥してひからびた状態になってしまいます。
だから美髪の維持にはアミノ酸系でも、もっと高機能性のPureアミノ酸シャンプーが必要なのです。

ただ「傷んだ髪にはこのシャンプー、このトリートメント」では、感触を変えるくらいはできますが、髪質をよくすることは不可能です。
だから、損傷の状態により、シャンプー法やケアの方法、注意事項など細かいアドバイスが必要なのです。


カウンセラーに頭皮の状態と薄毛の原因をチェックしてもらう

カウンセラー

薄毛の症状、進行度、原因をチェックしないで、むやみに対策をしても、まぐれ当たりの効果しか期待できません。
方向違いで、かえって悪化の可能性も高いのです。

だから、じぶんの体質、現れている薄毛の症状、進行度、原因を専門のカウンセラーにチェックしてもらい、じぶんに適した薄毛の対策を組み立ててもらうほうが、結果的には早く安く解決できることになります。

注意すること
カウンセリングについて「カウンセラー」と「販売員」は違います。
販売員は「商品を売るためにカウンセリングする」のに対して、カウンセラーは「薄毛やダメージヘアの症状を改善するためにカウンセリングをおこなう」のです。

だから、相談者の症状や進行度、原因をくわしくチェックして的確な手当法と商品の選択、使い方、注意事項、養生法まで、ていねいにアドバイスしてもらえるカウンセラーにアドバイスをしてもらいましょう。

もう1つ
状態を見ればズバッとわかり、的確な対策を組み立て、それを実行すれば、たちどころによくなっていくなどという「プロ」はいないし、そんな魔法のような商品もありません。

経験を積んだプロほど、慎重に手当を組み立て、しだいに「本人に適した薄毛対策や商品を探り当てる」のが真実です。
プロとは「いままで失敗を多く積み重ねてきた人」なのです。

だから、カウンセラーとは「長いお付き合い」をするつもりで、じぶんのことを多く知ってもらうほど的確な手当やアドバイスができるようになるのです。


無料で画像診断 美髪プログラムの作成

薄毛

薄毛改善

商品はかならず効果的な使い方が必要です。
使う人の体質や頭皮の状態などを総合して「症状に適した使い方とケア」プログラムを組み立て、商品に添付してもらえる処から購入するようにしましょう。
「効果がある」という商品を安く購入しても、「じぶんには効くか」が疑問だし、使い方も疑問です。 

カウンセラーによる聞き取り
使う人の体質、年齢、性別、職業、生活環境などのメールでのやりとり、または問診をおこないます。 

画像によるチェック
スマホまたはデジカメによる頭皮と髪の画像から、現れている症状、老化度、弱っている部位などを具体的に指摘し、症状に適した使い方や必要な注意事項をアドバイスします。 

進行した薄毛や、悩んでいる症状には、電話による相談も受け付けています。


頭皮の状態だけでなく、毛穴の中の状態で

炎症

カラー抜け毛

鏡で見る限りは「まだだいじょうぶ」と安心していては大変。 

まず変化は毛穴の内部に現れ、それが頭皮や髪にかすかな変化として現れます。
かすかな信号なので見逃しがちで、「すこし抜け毛が多いな」「髪が少し柔らかくなった」「ボリュームが出にくい」などから、シャンプーしたとき地肌がすけて見えるなどして、やっと「薄毛では」と気づく人が多いのです。 

右の写真上のような頭皮に炎症またはうっ血があるケースが多く、また女性の場合は「赤くならないが炎症がある」ケースもあります。 

このような炎症やうっ血が慢性的にある場合、血管が弱り、毛髪を育てるための栄養や酸素の補給が困難な状態となっています。 

右の写真下は、抜け毛ですが、コワイ抜け毛で「毛穴の内壁が角化して、毛といっしょに剥がれ落ちている抜け毛=広汎性脱毛」です。
早急な対策が必要です。

レストルイブ東京は「カウンセラーによるカウンセリング販売」システムで、使う人から体質や症状などを聞き取り、症状に適した使い方や必要な注意事項とともに商品を使って頂いています。


希望者とは連絡を密にして改善率をアップ

電話

症状が変われば手当の方法や使い方も変わってきます。
会員制にしたのは「連絡を密にして改善率を高めるため」で、継続した手当でよくなってもらうためのシステムです。 

①フォームによるアクセス
②カウンセラーの聞き取り 
③できればスマホまたはデジカメによる画像を送付
④症状に適した使い方と注意事項を商品と共に送付
⑤定期的な経過の問い合わせ

これを、改善するまで継続しておこないます。

まず、ここをクリックして、フォームに記入して送って下さい。


↑ PAGE TOP