薄毛の原因を調べて適切な薄毛の対策をする

在宅ケアで本格美髪と本格育毛

薄毛の原因を調べないで薄毛は改善しない

いままでのケア習慣を変えていく

毛穴の奥を荒らしているシャンプーを中止


この毛穴からシャンプーは浸透していきます。

毛根
毛穴の中に残留したシャンプーは、毛穴の内壁を荒らし、抜け毛が多くなります。また、常在菌の異常繁殖、炎症など育毛環境が悪化して、薄毛が進行していきます。さらに、血管の数まで少なくなっていきます。

シャンプーは「髪を洗ってきれいにする」目的で造られ、使われています。

しかし、シャンプーには次のような「マイナス」もあることを知っておいてほしい。

シャンプーのマイナス要因
①無差別洗浄なので、美髪や育毛などに必要な成分まで洗い取ってしまう。
②浸透作用があり、髪の中や毛穴の中に浸透してダメージを与える。
③細胞を殺す作用。(だからよくすすがなければ)
④タンパク変性作用。(髪や角質を変性させてしまう)
⑤頭皮や毛穴の内部に残留する。(髪の感触よくするため)

だから、「やさしいシャンプー」としてではなく、「やさしいけど”マイナスも多い”」として、使う目的に適したシャンプー選びと、じぶんの髪質や状態に適した使い方をしなければ、かえって逆効果になってしまいます。

「なぜシャンプーを替えなければならないの」

右の図は「毛穴の拡大図」ですが、シャンプーは浸透作用があるので、ここからシャンプーが浸透していきます。
まず、毛穴の入り口が角化し、さらに毛穴の内壁が角化して荒れ肌状態になっていきます。(毛穴が荒れると、育毛環境は悪化していきます)

毛穴の断面図で説明すると、毛穴の奥まで浸透し残留しているシャンプーは、毛根にダメージを与え、細胞分裂の低下、毛の寿命の短命化、成長期の短縮、毛細血管へのダメージ、炎症、やがて軟毛化(うぶ毛)から生えなくなります。 

このように、薄毛は毛穴の内部から進行していくのです。
だから、泡立ちや感触、ニオイの好みでシャンプーを選ぶのではなく、このようなマイナス要因を持つシャンプーを中止する必要があるのです。そして、美肌維持、薄毛予防と改善のためのシャンプーに切り替えていかなければ美髪を保つ、薄毛にならないような対策をすることは難しいのです。

「やさしいシャンプー」を使えば髪は回復するなんてことはありません。
やさしくても「シャンプーが毛穴に浸透すれば」薄毛は進行していきます。
だからシャンプーの「選び方」から間違っているのです。
シャンプーでマイナスになっているのに、育毛剤を使っても、そのマイナスをカバーすることはできません。
だから「薄毛を回復」させたいなら、「効果的な育毛剤」を選ぶ前に、育毛にマイナスにならないシャンプー選びのほうが先なのです。


目的に適したシャンプー、状態に適した使い方

薄毛
頭頂部を見る習慣はないので、この画像を見せられたら、みなは驚きます。

頭皮
拡大して見ると毛細血管が弱り損傷していることがよくわかります。

美髪や薄毛の対策は「自宅のケア」でじゅうぶん可能です。 

まず、じぶんの体質と生活環境、仕事、ストレス度などを考慮して「目的をはっきり」させることです。

じぶんの好みで商品を選んでもいいのか、それとも「すこし感触や好みをガマン」して改善目的の商品を使うかの違いです。

感触もよく、効果もいい、改善もできる、なんて万能な商品はありません。 

おいしいものを食べて健康になることはないのです。
健康を回復させるためには、味や好みを少しガマンする必要があります。

右上の写真を見て下さい。
本人は「薄毛がこんなにまで進行していたとは」と驚いています。
そして写真下の頭皮の拡大画像を見ると「もっと深刻」なことがわかります。
専門家がチェックすると、すでにいろいろな兆候や症状が出ているからです。

だからじぶん流の薄毛対策、状態見た目でケアを組み立てる「美髪のケア」とか「薄毛の対策」ではダメなのです。毛穴の内部の状態は、もっと進行しているからです。

だから「鏡で見て判断し薄毛の対策を組み立てる」のと、最初は「専門家にチェックしてもらい薄毛の対策を組み立ててもらう」のとは、結果は大違いだからです。


じぶんの体質や肌質、老化度を考えていない

冷えた頭皮

熱を持った頭皮

アトピー性皮膚炎がなかなか治らない人は「気をつけて、何も悪いことはしていないのに」と嘆き、薬が効かないと嘆いています。

しかし、問題は、薬が効かないのではなく「本人の体質」の問題を考慮した手当てをしていないからなのです。 

薄毛も同じで「何も悪いことはしていない」し、シャンプーなどに気をつけているのに薄毛は進行していくと嘆いている人は多い。 

これは「じぶんの肌の特異性」を理解しないで、ただ「やさしいシャンプー」を使っているからです。

このような対症療法的なケア(現れている症状に対応した治療)をして、薄毛の原因を改善する根本療法をしていないからです。 

つまり「薄毛だから”やさしいシャンプー”を使う」のは間違いではありませんが、これで薄毛が改善できるとは思わない方がいいし、改善もできません。 

例えば、右の写真上の「体が冷える体質」の人と、写真下の「熱証」の人では、同じ薄毛の症状でも、対策を変えなければ改善できません。
体質や症状により「使う商品」や「使い方」も変わってくるのです。


薄毛の原因も調べないで薄毛は改善しない 万能薬はない

女性

薄毛の原因は最低でも6つ以上が複雑に絡み合っておこり、進行していきます。
これに「性別、年代、老化度、体質、生活習慣、ストレス度」などを加えると「無数」といっていいくらいの「薄毛の原因の組み合わせ」があり、それに適した手当法をしなければ薄毛の改善は難しい。 

シャンプー1つとっても「どのようなシャンプーを選び」「どのように使うか」で効果は違うし、いちばん知ってもらいたいことは「シャンプーの種類や使い方により、マイナスになる」ことが多いことです。
シャンプーの選び方や使い方を間違っているため「薄毛を悪化、進行させている」人は実にたくさんいらっしゃいます。 

悲劇なのは「間違っている」ことがわからないで、使い続けているからコワイし、薄毛を進行させれば「ケアも複雑になり、費用もかかり、時間も長くかかり、完全に薄毛を元には戻せない」ことがコワイのです。

ネットで検索して「薄毛をなんとか改善したい」と考えているなら、「使えばどんな薄毛でも改善」するような万能薬はないことを知らせておきます。
商品の効果ばかりを追求して失敗している人は多いのです。


よく考えてみよう

女性

よく「なん%OFF」などという商品がネットに氾濫しています。
「なにかおかしい」と思いませんか。

そんなに値引きしても「まだ儲かる」商品なんておかしいと思いませんか。

原価はいくらなの?そんなに安く効果的な成分が買えるの?

たとえば「当社のように自社開発商品」なら、販売店や代理店の利益を削って、「直接消費者に販売する」ことである程度は安くはできます。
しかし、製造所を持たないで「どこか下請け業者に創らせて」「しかも値引き販売して」「それでも、まだ利益がある」商品の原価を考えたら「ホントに効くのか」と誰でも考えるはずです。

いいですか。
高い効果のある成分は貴重品なので「安くは買えない」し「安く売るメーカーなどない」ですから、高価な成分を「効果がきちんと期待できる量」配合するなら、もっと高くつくはずです。
そんなに値引きして売れるはずがありません。

ちょうちん記事、宣伝屋、売るための巧妙な仕掛けに気をつける

製造所を持ち、施術する場所を持ち、「薄毛の施術」をおこなってこそ「商品の効き目」がわかり、「症状別の改善方法」がわかります。それなのに商品だけを販売する人には「臨床的なこと」はくわしくはわからないはずです。

しかし「販売だけしている会社や組織」(社屋や店舗も実態のない)が、「発毛率○○%」なんていうのは責任ある情報なのかといつも考えてしまい、それに惑わされる人を気の毒に思います。

ネットは魑魅魍魎の世界なので、金もうけのため「ちょうちん記事を書き、お客様がくれば”歩合”が得られるので、これを副業、小遣い稼ぎにしている人が多いのに驚きます。(まさにWEB、蜘蛛の巣をはって引っかかる獲物を待つ様子)

特定の商品が、いろいろなところで「効いた、よかった」と宣伝されていれば、それに誘導される人もいるはず。そこをねらった宣伝法、販売法なのです。

よく考えて欲しい。
ほんとに「使うだけで効く」なら、こんなにたくさんの商品や施術が氾濫しているはずがありません。
ネットで育毛の商品や手当法が氾濫していると言うことは「決定的な効果のある商品や施術法はない」と言うことを証明しています。
だからこそ「経験豊かなカウンセラーやセラピスト」のアドバイスや施術が必要なのです。
このことをよく理解してほしい。


薄毛を改善する方法はあります 家庭でも実践できます

電話

できれば直接本人が、実際の状態を見せてほしいのですが、遠くて来られない方には、家でケアしながら薄毛を改善していく方法をおすすめしています。

「すぐマネされる」ので、レストルでは具体的な方法については、ここに書きませんが、遠くて来られない方のために「在宅ケア」を推奨しています。

初期費用として「4,000円」かかりますが、内容は
①抜け毛をチェックして「薄毛の原因と進行度」を解析する費用
②頭皮の育毛環境を改善していく育毛シャンプーを提供(4,600円)
③育毛に関する動画、育毛のためのシャンプー法など

担当のカウンセラーが、薄毛の原因や進行度に適したアドバイスをメールか電話(希望者のみ)で緊密に連絡し合って改善していきます。 

育毛サロンまで通う交通費や時間が節約でき、ケアに使う商品も「会員価格」で購入できるので、便利で経済的と「ネット申込み」が増えています。

まず、下記へメールを下さい。
イブ


レストルの育毛 「ここの違い」が大きい

カウンセリング

①自分たちで確かめないで「効くと言われる成分」(自社のデータではない不確かな情報)の商品を使う育毛ではないこと。
ケアに使う商品は「実際の薄毛の頭皮で結果の出た処方」を商品化して、施術に使い効果が実証された商品を販売しています。これがいちばん重要なのです。

②「薄毛にはこれ」といった推奨法ではなく、15年以上「実際の薄毛を改善してきたセラピスト」が、「本人の薄毛の原因を分析して」それに適した商品の選択と使い方をていねいにアドバイスしていること。

③商品は45年にわたる薄毛の研究をしてきた当社が、今までの改善データを元に「高機能性育毛商品」を開発しており、130種類の商品の中から「症状や体質に適した」商品を選び、使い方をアドバイスして改善率を高めています。 

ある期間続けて使ってもらうため、すこしでも負担額を減らすため、会員制にして「会員価格で商品が使える」ため、経済的に有利です。 

まず、メールにてご相談下さい。
イブ


美容師、理容師、薬剤師が勉強に来ている元気塾

ゆめ

「毛が少なくなる」だけが薄毛ではありません。薄毛は「毛を生やす成分」でケアすればよくなると考えているなら失敗します。

薄毛の原因は多岐にわたり、「体質、生活習慣、性質、仕事、ストレスの種類」など、本人を取りまく環境から原因を探し出し、解決していかなければ難しいのです。

だから、髪の専門家の美容師と理容師、薬理や東洋医学に精通した薬剤師など、各分野の知識と知恵を集めた勉強をしなければならず、レストルの元気塾には各方面のプロが情報交換と勉強をしあっている。

たとえば「育毛剤」をどのように塗布するかで、効果は大きく違ってくる。
また頭皮マッサージも「やり方」を勉強するのでなく、「なぜこうするのか」という理由を知らなければ「効くマッサージ」はできない。
こうした「理論」を背景にした「実技」は、やはり「手から手へ」伝えていかなければ、効果は得られない。

薄毛を治したいなら「効く育毛剤」探しより、効く使い方を知って欲しい。
そのためには「一度だけレストルに来て」本人適した手当法を学んでかえって欲しいというのがわたしの希望だ。


↑ PAGE TOP