薄毛の対策はネットでのカウンセリングから始めよう

ネットでカウンセリング

改善率の高い本格的ケア

症状をこじらせない、悪化させない

相談の多い症状

抜け毛

頭皮

洗浄後

薄毛、脱毛症、AGA、抜け毛
毛が細くなった、毛量が減ってきた、地肌が見えてきた、分け目が広がる、髪質が悪くなる、髪が傷みやすい、ウェーブがでてきた、カラーの色落ちしやすい、頭皮の炎症、かゆみ、ニオイが気になる、皮脂がべたつく、脂漏性、乾燥、ふけ

育毛の失敗、悪化、シャンプーなどの商品
この相談がたいへん多くなりました。
売上を上げるため「新しいメニュー」をすすめられ、それが合わないとか悪化する例です。
ネットや専門家による安易な相談、医薬品や商品を使うだけの治療で成果が出ない。
カラー、パーマ、頭皮スパ、育毛施術などの専門メニューが原因とみられる相談。

アトピー、アレルギー体質、敏感肌
この相談も多くなりました。
成分の効果に頼るケアではなく、処方の効果と手当法+養生法を商品といっしょに渡さなければならないのに、商品だけで何とかしようとするため、こじらせたり悪化させてしまっています。

健康でしかも元気で長生き
50才からの美肌の維持、美髪の維持の相談から、「ボケないため、元気で働ける、活動できる」ため、「若いわね」といわれるための方法にまで話が進んでいくケースが多くなりました。

心の問題、生き方、うつ傾向など
薄毛の原因として「心の問題」、「生き方」の問題や方向性をカウンセリングすることが多くなりました。電話でやりとりしていたが、直接大阪まで来られる人も多くなりました。


カウンセリングの方法

電話

いちばん確実なのは「実際の姿と声」を聞かせて頂き、会話することで多くのことがわかり、薄毛の対策、ケアの方法も組み立てられます。

ネットでの相談の場合は
①まず、ここをクリックし、フォームを記入して送信して下さい。
②さらにくわしいことが必要な場合は、画像を送付して頂いたり、電話でのカウンセリングをおこないます。
③ケアが必要な場合は「会員」になって頂き、継続してケアをおこないます。

スマホの解像度はカメラ並みになり、鮮明な画像が撮影できるので、それを元に症状に適したケアの組立ができ、家に居ながら本格的な薄毛の対策ができます。

またケアに使う商品も「直販システムで、しかも会員価格」で購入できます。


90年近くも生きなければならない

連絡

いま問題になっているのは「60~65才で定年」になっても、まだ20~30年も生活しなければならない、つまり生活のためにお金がいることと、もう1つ「病気とか体が不自由なのに長生き」する問題が深刻になりつつあります。

たかがシャンプー、髪を洗うだけ」と考えてはいけません。

習慣的におこなっている毎日のシャンプーが、実は健康にも「ボケ」にも関わっていることを知って頂きたい。

シャンプーや化粧品に配合されている界面活性剤、殺菌や除菌に使われている界面活性剤、ファーストフードに転化されている界面活性剤など、界面活性剤は生活のあらゆる所で使われ、環境に影響を及ぼしています。

じぶんが使っているシャンプーや化粧品が、歳を取るほどダメージが強くなっていくことを知る必要があり、影響を受けない対応策が必要になります。 


じぶんの体質や環境に適したケアを

相談

きれいを維持するため、もっときれいになるためのケアや、それに使う商品で「逆に悪い影響」がでているとしたら。

使って「かぶれる」化粧品なら、やめればいいので被害は一時的で済みます。

しかし、「細胞がストレスを感じる」化粧品は、肌が変化して目に見える状態になってからしかわかりません。それでも「化粧品が原因」とはわからないので、使い続けている人が多いのです。

肌の化粧品、頭皮や髪のヘアケア商品、これらが「じぶんに適しているか」と「じぶんに適した使い方をしているか」を調べることをおすすめします。


頭皮、顔の画像診断とカウンセリングを

当方にスマホやデジカメの画像を送付するだけで、現在の状態や肌(頭皮)の老化度などがわかります。

希望のかた、詳しく知りたいかたは ここをクリック してフォームを送り返して下さい。


↑ PAGE TOP