女性の薄毛・細毛が増えています

このままでは危ない女性の薄毛・細毛

増え続ける女性の薄毛

女性の薄毛・細毛は5人に1人といわれるほど増え続けています。
ネット上でも多くのサイトが見られますが、それらを分析してつくづく「危機感」を強く感じました。

このままでは「女性の薄毛・細毛はますます増える」という危機感です。

育毛施術

女性が現在の社会の中で「仕事をしていく、家庭と両立させる、育児する」という大変さは、女性にしか分かりません。

薄毛の原因は最低でも6つ以上が複雑に絡み合って発症し進行しています。

個人個人で原因も違いますが、女性の場合は男性とは違うストレスを抱えています。 男性とは違う体と心を持っているので、それを考慮しない女性の育毛はあり得ないのです。


危険 その1 男性と同じ手当をしている場合

女性の薄毛・細毛で「皮脂が多い」と訴える人が多い。
しかしほとんどの場合は皮脂の多さではなく「髪質」に問題があります。

その結果、ボリュームがダウンしているのです。

このような状態で「皮脂を取る」男性型脱毛症と同じ手当をしていると、ますます毛は細くなりボリュームが減ってきます。

皮脂を取っても薄毛・細毛は改善しないので、シャンプーでよく洗ったりしないことです。
とくに頭皮クレンジングは使わないようにしてください。


危険 その2 毎日シャンプーしている場合

多くの人が毎日シャンプーすることを習慣化しています。
しかし毎日しないほうがいい女性もたくさんいらっしゃいます。

確かに毎日シャンプーすることで髪や頭皮、毛穴はきれいに洗われます。
しかし、髪が傷む、頭皮や毛穴の防御力が低下してダメージを受けることで薄毛・細毛が進行していくケースも多いのです。 頭皮の状態や年齢により毎日しないほうがいい女性は多いのです。

毎日シャンプーするなら「毎日シャンプーしても頭皮や毛穴を弱らせない」シャンプーを選びましょう。

シャンプー選びは「植物性とか保存剤をカット」などで選んではいけません。
例えば石けんシャンプーで毛が回復する根拠はほとんどありません。
くれぐれもネットの知識を過信しないように。

育毛は頭皮や毛穴の状態、薄毛・細毛の進行度などを総合的に判断して、的確なシャンプーを選ぶ必要があるのです。
そうしないと薄毛・細毛の改善は難しいのです。

そのために私たちのような育毛カウンセラーがいるのです。
どしどしご相談下さい。


危険 その3 シャンプー選び(ひつような商品選び)

薄毛・細毛で真剣に悩み、ネットで手当法や手当に必要な商品を探している人がたくさんいらっしゃいます。 とくに女性は育毛サロンなどで相談したくないはずです。

ネットで得た知識を元に自分流の寄せ集めの手当をしがちですが、これは危険です。

「これを使えば治る」といった商品はないからです。
誰もが使うシャンプーで薄毛・細毛になったり、進行させている現実をしっかり認識しておきましょう。

良くならないのは、シャンプーの品質の問題ではありません。
植物性タイプ、石けんタイプ、保存剤カットなどいろいろありますが、これらを使ったからと言って良くなるわけではありません。

要は「本人の症状や体質に合ったシャンプーか、使い方か」ということが大切なのです。

そこで育毛を始める前に頭皮の状態や薄毛・細毛の状態をカウンセラーに見てもらうことをおすすめします。
私たちは「ネットで診断」もおこなっています。


危険 その4 怖いのは余分な手当、過剰な手当

薄毛・細毛を早く治したいという気持ちはわかります。
しかし「症状が強いほど弱い薬を使う」のが治療の基本なのです。

かんたんな手当しかしないと治らないのですが、過剰な手当は「悪化」につながり慢性化していきます。 かえって進行させる危険性があるのです。

ネットや育毛サロンでの相談は以下のようなことが報告されているので気をつけましょう。
「症状を深刻に説明して、たくさんの商品を大量に使わせる」「使わなくてもいい手当まで組み込み料金を多くする」など

手当や使う商品は「必要最低限」が基本です。


危険 その5 怖がらせる商法、便乗商法

私たちに相談される女性の80%以上が以下のような経験をしています。
「男性型の薄毛・細毛」や「複合型で年数がかかる」「脂漏性」などと言われ、驚いてその通りの手当をしています。

しかし、実際の頭皮をチェックすると、皮脂が多い人は少ない。
脂漏性の人はほとんどいないのが現状です。

女性の男性型というのも疑問で、男性ホルモンが多くなったら顔の毛穴や肌にもはっきり兆候は現れます。 生理などにも影響が出るので、顔を見ただけで「男性型」ではないことが判明します。

また頭皮用シャンプーを使っているというので調べてみると、金額だけ高くて普通のシャンプーと変わりませんでした。 このことには驚きです。

「皮脂が多い」や「頭皮用シャンプー」などの便乗商法には気をつけましょう。


危険 その6 ニセ専門家、なりすまし専門家にご注意

実は私たちも被害を受けているのです。
私たちのホームページや発表した文献を許可なく使い、 専門家としてネットで手広くホームページを掲載している人がいます。お客様からの苦情もよく聞きます。

私たちは長年にわたり理論と店頭での実践を経験しております。
そして修了証と「育毛カウンセラー」の認定証を元にカウンセリングや育毛施術をおこなっています。

商品をたくさん売りつけたりする「商売」と研究会が判断した場合は、認定使用の返還をしなければなりません。 このような厳しい規則のもとにカウンセリングをおこなっているのです。

悩みの深い人から「すこしでもたくさんのお金を取ろうとする」人たちは許せません。


危険 その7 内服、サプリメントには気をつけて

人間の体は内臓機能など複雑に絡み合って、健康を維持しています。
もう1つ、「これを飲めば薄毛・細毛が改善する」という直接に薄毛・細毛に効く成分や食べ物はないのです。 ただ経験的に「これを用いると状態がよくなった」という例はたくさんあります。

サプリメント

薄毛の原因は最低でも6つ以上が複雑に絡み合って発症し進行しており、個人個人で原因も違います。

したがってAの人に効果のあったサプリメントが、あなたにも効くという確率はすごく低いのです。

私たちも体の中からの原因が強いときはサプリメントを用います。
しかしそれは毛を生やすためではなく、健康な体を作るサプリメントです。
健康でない体なのに健康な毛が生えることはないからです。


結論 家庭でもじゅうぶん本格的な手当は出来ます。

育毛カウンセラーと綿密に連絡を取り合い、じぶんの体質や症状、進行度をチェックしてもらいましょう。

そしてそれを改善する手当を組み立て実行するのが大切です。
とくに商品の選択、使い方、使う量、使う回数などを詳しく組み立ててもらいましょう。

症状が変われば手当も変わりますのでカウンセラーに相談して下さい。
こうすることで、薄毛の改善率は上がり、早くよくなります。

ただし本当に専門知識を持つ良心的なカウンセラーを見つけることが重要です。


↑ PAGE TOP