マチガイだらけの薄毛対策

間違いだらけの薄毛対策

カウンセリング

頭皮の状態が違うのに、自然シャンプーで洗って育毛剤を付ければよくなっていくと期待して薄毛対策をしている人がたくさんいらっしゃいます。

しかし頭皮の状態によってシャンプーの方法は異なってきます。
さらに育毛剤を使わないほうが良いケース、使い方や量を守らないと改善しにくい薄毛もあります。

以上を踏まえて、体質や頭皮の状態によりアドバイスすることが育毛カウンセラーの役目なのです。

低温部位

頭頂部に低温部位

のぼせ

のぼせタイプ

冷えタイプ

冷えタイプ



「いいシャンプー」とは?

「育毛にいいシャンプー」という選び方をしていると失敗します。

シャンプーの基本的な目的を考えてみて下さい。
次のようなシャンプーは「シャンプーを売るための宣伝」にすぎないことが分かります。

植物性だから毛が回復する、保存剤が入らないシャンプーだから毛が回復する、 インディアンが使っていたシャンプーなら育毛にいい、石けんシャンプーだから毛が生えてくる

要は頭皮や毛穴の育毛環境をどのように改善するかが問題です。
頭皮の状態や進行度、体質に合うシャンプー選びと洗い方をすることがいちばん重要なのです。

商品の効果で育毛を成功させるのは無理と言っても過言ではありません。
商品の効果ではなく、手当法でよくするのが基本です。
シャンプーは大切ですが、手当の中の1つにすぎません。


カラーに注意

剥離

右の写真は毛穴の内部の毛根部位まで染まっています。
カラー時に下記の症状があれば要注意です。

痛みや違和感がないか
抜け毛が多くならないか
かぶれた経験はないか
かゆくならないか
頭皮が赤くなってないか

つまりカラーの薬剤が毛穴の内部まで浸透し、毛を造る細胞にダメージを与えているのです。
そのため、上記のような症状が出てくるのです。

薄毛・細毛で頭皮が弱っている人、アレルギー体質でかぶれやすい人は「頭皮回復カラー」をおすすめします。


こじつけの育毛理論に注意!

最近、亜鉛やノコギリヤシなど多数の育毛に使うサプリメントが出回っています。

しかし結論から言えば「これを飲めば毛が生えてくるサプリメント」は存在しません
飲んでもムダとは言えませんが、それを飲んでいるから「やがてはよくなる」と期待してはいけません。
サプリメントに頼って手当をおろそかにすると失敗するのです。

たとえば「亜鉛」。飲まれている方も多いと思います。しかし亜鉛が薄毛・細毛に直接効果があることはありません。ノコギリヤシなども同様です。

最悪なのは、「皮脂を取れば毛が生える」ような錯覚を持たせること。 その錯覚を利用して皮脂を取るシャンプーや頭皮クレンジング、サプリメントがひろく販売されています。
そしてそれらを手当に組み入れても薄毛・細毛は改善されにくいのが事実です。

表面の皮脂は取れても、毛穴のなかの皮脂を取るのは無理です。
なので皮脂を取っても薄毛・細毛は改善されません。
さらに悪いことに、無理に皮脂を取れば皮脂腺は肥大して皮脂の分泌量が多くなります。


発毛率の錯覚、ごまかし

発毛率86.3%とか91.4%などと聞けば「そんなに薄毛の改善率が高いのか」と錯覚する人もたくさんいらっしゃいます。

しかし発毛率とは何のことかご存じですか?

まったく毛の生えていない頭皮に、毎日焼酎を付けてマッサージしていればうぶ毛は生えてきます。
つまり「発毛」するわけです。
しかしうぶ毛が長く太い毛に育つかといえば、育つわけではありません。

つまり「発毛率は100%」に近いのです。
しかし100%と書くと「ウソ」と分かるので、100%に近い数字を表記しているのです。

私たちのところでは産毛が生えてきてよろこんでいる方に「これはホンモノではない、やがて抜ける」「何回も抜けますがあきらめずに手当をして太く長い硬毛に育てましょう」と励ましています。

育毛とはうぶ毛を生やすことではなく、太く長い硬毛を育てることなのです。
だから「発毛率」に惑わされてはいけません。

↑ PAGE TOP